01:51 2019年01月19日
女の子と犬【アーカイブ】

研究者らが「かわいい攻撃性」が現れる理由について解明

© Depositphotos / Lufimorgan
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

あなたは可愛く魅力的な生き物を前に、力いっぱい抱擁し、圧死させたいという抵抗しがたい願望を1度でも抱いたことがありますか。この感覚は「甘い攻撃性」と呼ばれ、米カリフォルニア大学の研究者らがその発生メカニズムを解明した。

スプートニク日本

この実験には18歳から40歳までの54人が協力し、各参加者にはかわいい赤ちゃんと動物の128枚の写真が提示された。

実験の結果、参加者の64%で赤ちゃんを抱きしめたいという強い願望が生じたことを認め、74%の人が少なくとも一生に一度はこの衝動に基づいて行動したと答えた。かわいい小さな動物では、参加者は特に「かわいい攻撃性」の感覚を持ち、この感情を抑える重要度と生物を大切にしたいという大きな願望を示した。

これに基づき研究者は、「甘い攻撃性」は、報酬システムが制御不能に陥った際に現れる脳内の防御反応であると報告した。同時に、研究者らはこれを積極的な強化メカニズムであると考え、これによって私達は対象への攻撃を行わず、逆に愛情を呼び起こさせると考えている。

関連ニュース

心臓を強くするスパイスが発表される

イスラエル研究者 プランクトンから環境に優しいプラスチックを作成

タグ
動物, 研究, 科学, 健康, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント