15:24 2019年01月23日
ドバイ

環境保全問題 地球温暖化で地球に何が起こるか ドバイが典型例に

© AP Photo / Kamran Jebreili
テック&サイエンス
短縮 URL
0 25

米経済専門ウェブサイト「ビジネス・インサイダー」は、アラブ首長国連邦のドバイは、我々が地球温暖化に抗うことができない場合、人類が直面する未来像の一例を示す都市となったと強調している。

スプートニク日本

ドバイの長い夏(4月から10月)は、平均気温が48度に達し、空気は非常に湿気を帯びている。そのため、都市部には巨大な閉鎖型インフラが現れ、裕福な人々は、自宅から自動車に乗り込む以外は、数カ月に渡り意図的に外出することはなくなる。ドバイには、ドバイモールに代表される、数千の店舗、何百ものレストラン、映画館、スケートリンクを抱えた巨大ショッピングセンターが少なくとも65カ所あるが、こうしたモールが地区全体を覆い、地区に代わる存在になってしまっている。

しかし、こうした場所を利用できるのは裕福な人々だけで、労働者などは恒久的な暑さにさらされる。市当局によって開発されている新しいショッピングセンター「ブーレバード(Boulevard)」は、4つの路地と広い街路、広場を結ぶ予定だ。今後こうした場所はドームの下に置かれ、そこは空調で涼しい状態に保たれる。

ドバイ当局は、そのようなメガプロジェクトの背後にあるのは、人類の未来の姿、特に過酷な気候によって人々が外出できない場合の未来像だとの見方をしめしている。同時に、生態学者らは、気候変動の場合には、ドバイ自体が海面上昇により水面下にあると考えている。

関連ニュース

タグ
びっくり, 環境, 地球温暖化, アラブ首長国連邦
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント