06:27 2019年11月18日
宇宙ゴミ

ロシアで、宇宙ゴミ対策に関する規範が発効

© Depositphotos / Petrovich99
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシアでは2019年1月から、宇宙汚染対策に関する規範が発効した。新たな要件によると、宇宙機器は通常稼働中に宇宙ゴミ(スプリング、タペット、宇宙船の破片など)を出さないように設計されなければならない。

スプートニク日本

また運用が終了した人工衛星の燃料の抜き取り、バッテリーの放電、ガスの放出など、事故や燃料の爆発防止や、適切な打ち上げ日、高度、飛行軌道の選択など、他の宇宙機器との衝突を防ぐための要件も導入された。

宇宙空間がゴミで汚染された原因を追究、将来的にそれらを防止するための要件を策定するために、各ケースを分析することも規定されている。

さらにロシアで開発の人工衛星に、高軌道における自己破壊手段を適用することも禁止されているが、大きな破片が地球に落下するのを防ぐために、大気圏突入前に自己破壊手段を適用することは許されている。

関連ニュース

タグ
宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント