09:10 2019年01月23日
エボラ

中国で潜在的に致命的な新型フィロウイルス発見 エボラウイルスと同類

NIAID
テック&サイエンス
短縮 URL
0 05

シンガポール国立大学は、中国雲南省に生息するルーセットオオコウモリ(Rousettus)に潜在的に致命的とされる新型フィロウイルスを発見した。このウイルスはエボラウイルスと同類のメングラウイルスに属す。英総合学術誌『ネイチャー』が報じた。

スプートニク日本

これまではフィロウイルスに起因するのはエボラウイルス(Ebolavirus)とマールブルグウイルス(Marburgvirus)、クエバビル(Cuevaviru)の3つのウイルスとされてきた。はじめの2つはエボラ熱とマールブルグ熱を発症させ、血液疑固障害を引き起こす致命的なもので、3つ目はルーセットオオコウモリから感染するルロビウ熱(Lloviu cuevavirus)だ。

コウモリ
© AFP 2018 / Pascual Soriano / NATURE MAGAZINE
新型ウイルスは研究の結果、他のフィロウイルスと32〜54%類似していることが明らかになっている。

報告では、新しいフィロウイルスは人間にとって危険で、潜在的に致命的となりうることが強調されている。

関連ニュース

コンゴでエボラ出血熱に対する新たな薬剤の使用が始まる

WHO、数百万人の命を奪う恐れある「疾病X」に警鐘

タグ
健康, 研究, 病気, 科学, エボラ出血熱, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント