19:03 2019年01月20日
旅行者に朗報 中国ベンチャー企業が「通訳機能付きイヤフォン」の販売開始

旅行者に朗報 中国ベンチャー企業が「通訳機能付きイヤフォン」の販売開始【動画】

© 写真: Timekettle
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

中国ベンチャー企業「タイムケトル(Timekettle)」社は、通訳機能付きイヤフォンの販売を開始した。価格は2万4千円となる。

スプートニク日本

イヤフォンを装着することで、リアルタイムで多言語のネイティブスピーカーと自由に交信することができる。開発資金は、クラウドファンディングを介して調達されたことから、ユーザーたちの大きな反響を呼んだ。

タイムケトル社のワイヤレスイヤフォン「WT2プラス」は、形はアップル社の人気製品「アップル・エアーポッズ(Apple AirPods)」に似ている。タイムケトル社のイヤフォンは、21言語の会話を通訳し、また、英語のアクセントの認識も可能だ。同ベンチャー企業は、今後さらに15言語のサポートの追加を約束している。

ワイヤレスヘッドフォン「WT2プラス」はスマートフォンと連携する。 会話を始める前にアプリで通訳に使用する言語を選択し、Wi-Fiとブルートゥースがオンになっているかを確認する必要がある。ただし将来的には、デバイスもオフラインで動作するようになる。

関連ニュース

韓国Fuman社、マッサージ器内蔵のヘッドホンを発表

タグ
テクノ, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント