20:58 2019年05月20日
探査機の名前は「WINE」。

NASA、自分で燃料を作って飛ぶ探査機を開発【動画】

© 写真: University of Central Florida
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80

米航空宇宙局(NASA)はスタートアップ企業「Honeybee Robotics」とフロリダ大学とともに、自ら移動用の燃料を生成する宇宙探査機を開発した。研究者らは、探査機が水の存在する天体近くに長く滞在し、これまで以上に長く天体を調査できるようになると期待している。

スプートニク日本

探査機の名前は「WINE」。推進力に通常の燃料を使う代わりに、周囲の空間から水分を手に入れて蒸気に変え、エンジン機動に用いる。

​この探査機は太陽系の天体探査の費用を抑え、探査プロセスを加速させると期待される。

NASAは「私たちはこの技術を用いて、月、セレス、エウロパ、タイタン、冥王星、水星の極、小惑星、つまり水が存在し、十分に重力が小さい全て天体を探査できる」と伝えた。

関連ニュース

NASA飛行士、国際宇宙ステーションに1年滞在か

NASA 露国営宇宙企業「ロスコスモス」長官の招待キャンセルの理由を明らか

タグ
研究, テクノ, 科学, 宇宙, NASA, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント