00:57 2019年02月24日
「パヤム」の発射

イラン初の国産人工衛星「パヤム」の打ち上げで 軌道の投入に失敗

© REUTERS / Reuters TV
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32

イランは次回、もうひとつの衛星「ドゥスチ(友情の意)」の打ち上げを予定している。

スプートニク日本

イランのジャバド・アザリ・ジャロミ情報通信技術大臣は、今回の失敗について、運搬ロケットが十分な速度に達しなかったため軌道に乗せることができなかったと述べた。

以前、イランのハサン・ロウハーニー大統領は、国産の運搬ロケットで2つの衛星を宇宙に打ち上げるイラン政府の意向を発表していた。そのうちの1機が、イラン製の運搬ロケットによって軌道に乗せることを計画していた衛星「パヤム」だった。

関連ニュース

中国の探査機「嫦娥4号」、史上初となる月面での生物学実験を実施

NASA、自分で燃料を作って飛ぶ探査機を開発【動画】 

タグ
テクノ, 宇宙, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント