19:35 2019年05月25日
日本政府と米ボーイング社 電動航空機の開発協力を合意

日本政府と米ボーイング社 電動航空機の開発協力を合意

© AFP 2019 / Paul J. Richards
テック&サイエンス
短縮 URL
0 16

日本政府は、電動エンジンによって駆動する航空機の開発で米ボーイング社との開発合意を結んだ。日本の経済産業省は、同意の枠内でこの分野での最新の成果を米国のパートナーらに紹介する。

スプートニク日本

東京での協力に関する議定書の調印後、機械製造大手の三菱重工業や川崎重工業を含む日本の主要な企業が参加して会議が開催された。

昨今、世界では環境汚染が少なく、燃料費を大幅に削減できる電動航空機の開発への関心が高まっている。2020年代にはすでに、最大50人の乗客を運ぶことができる電気式ハイブリッド航空機が部分的に登場することが予想される。

関連ニュース

空の上でペディキュア、ヨガ 飛行機で撮影された衝撃的な行為まとめ

タグ
テクノ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント