17:46 2019年05月27日
コーヒー

気候変動でコーヒー消滅のおそれも

© Flickr/ Sharon & Nikki McCutcheon
テック&サイエンス
短縮 URL
0 34

英国王立植物園「キューガーデン」の研究者らは、コーヒーの木の多くの種は気候変動と病気の拡散、大規模な森林破壊によって消滅するとの結論に至った。科学系ニュースサイト「Science Alert」が報じた。

スプートニク日本

知られている124種類のコーヒーのうちおよそ60種が消滅するおそれがあると算出された。

計13種のコーヒーの木が完全な消滅の瀬戸際にあり、40種が絶滅に近づきつつあり、22種がぜい弱と評価されている。研究者によると、コーヒーの木の全てが飲料のコーヒーに使われているわけではないが、遺伝的多様性は今後のコーヒーの存続に鍵となる役割と果たす。

世界で販売されているコーヒーの6〜7割を占めるアラビカコーヒーノキもまた、森林破壊と気候変動により消滅しかねない種のリストに含まれている。

関連ニュース

地球温暖化、人種差別根絶を後押し?研究結果

アマゾンのイルカ、再びレッドリストに

タグ
食品, 環境, 地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント