09:21 2019年02月16日
米国 宇宙空間配備型ミサイル防衛の製造を2020年末までに完了

米国 宇宙空間配備型ミサイル防衛の製造を2020年末までに完了

© 写真: NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 25

米国防総省のジョン・ルード次官は、米国は宇宙空間配備型ミサイル防衛システムの製造を2020年代末には終了させる見通しであることを明らかにした。

スプートニク日本

ルード長官は実験は2020年代初めには実施され、20年代半ばや後半にはシステムの準備態勢は整う見通しだと語っている

«Experiments in the early '20s, and I think you'll see operational systems in the mid and latter part of the 2020s».

マイケル・グリフィン国防次官(研究・技術担当)もこれより前、米国はミサイル防衛システムの宇宙空間配備を2019年にも開始することを明らかにしていた。グリフィン次官はこうした宇宙用部材の価格は「許容範囲」であり、歳出は2月に提出される来年度予算案に含まれていると指摘している。

関連ニュース

トランプ大統領 連合国へのMD販売は米国の最優先課題の1つと明言

トランプ大統領、宇宙軍創設で露に後れを取ったと認める

タグ
ミサイル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント