21:32 2019年08月25日
放射能線(イメージ)

核の大惨事の発生時 スマートフォンが有効な放射能線量計に

CC BY 2.0 / Tristan Schmurr / Radioactive graffiti
テック&サイエンス
短縮 URL
143

核の大惨事が発生した場合、パーソナル機器を使用して放射能汚染を測定することが可能となる。米科学誌『サイエンス・ニュース』が報じた。

スプートニク日本

米ノースカロライナ大学の研究者らは、スマートフォンやスマート・ウォッチ、フィットネス・トラッカー、さらには通常の電話さえも線量計になり得ることを証明した。セラミック性の物体を透過する放射線は、その結晶構造を変化させることから、摂氏100度まで加熱した後、輝き始める。

核攻撃
© Depositphotos / Curraheeshutter
このグローを分析することで、被曝した放射線量を正しく確認することが可能となる。すべてのパーソナルモバイル機器はセラミック誘電体を使用しているため、必要に応じてこれらすべての機器をパーソナル放射能モニターとして使用できる。

最も興味深いのは、線量計機器は、わずか数時間で放射能汚染の線量を測定できるのに対し、従来の血液検査は数週間かかるということだ。

実際、グローの割合を分析する装置は約15万ドルかかるので、放射能汚染区域に入る恐れのある人々は、テストのために自分のモバイル装置を専門の研究室に送る必要がある。さらにいいのは装置と一緒にそこに行くことだ。

タグ
科学, 研究, 核問題, テクノ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント