23:44 2019年08月24日
研究者らが思考力によるコミュニケーション用デバイスを開発

研究者らが思考力によるコミュニケーション用デバイスを開発

© Depositphotos / Agsandrew
テック&サイエンス
短縮 URL
140

ロシアの医師たちが思考によってコンピューターにフレーズを入力し、移動や会話の能力を奪われた障碍者を支援するデバイスのテストを実施した。ロシアの専門家連合「ニューロ・ネット(NeuroNet)」のアレクサンドル・セミョーノフ代表が発表した。

スプートニク日本

デバイスは、ニューロヘッドセットと特殊なインターフェースからなっており、ワイヤレスヘッドセットが人の頭部に固定されると、PC画面にアルファベットが投影される。患者は、画面に表示される文字に施行を集中することでテキストを入力する。

セミョーノフ代表によると、このデバイスの量産は、今年の春の終わりから初夏に開始される。将来的には、デバイスは産業、娯楽の両方の分野で利用される可能性がある。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント