01:00 2019年02月24日
スマホを使っている人々(アーカイブ写真)

SNSの過度な使用は脳の働きを変える=神経学者

CC0 / Pexels/ rawpixel.com
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

意思決定に関する問題はギャンブル依存の人や薬物常用者の間でしばしば確認される。米ミシガン大学の研究チームが発表するところ、同様の問題はSNSを長時間利用する人々の間にもある。科学ニュースサイト「EurekAlert!」が報じた。彼らは自身の経験や過ちから結論を引き出せず、負の結果をもたらす方向に進み続ける。

スプートニク日本

実験には71人の被験者が参加した。研究チームは参加者のフェイスブックへの心理的依存度を測定した。測定のため、フェイスブックの利用頻度や、利用できない時の気持ち、仕事や学業への影響などを尋ねた。

その上で、被験者は意思決定能力を評価する標準的な心理学的課題を行った。課題を上手くこなすには、最も良いカードのデッキを選ぶ必要がある。フェイスブックの利用時間が長い被験者ほど、正しい予測ができずにタスクをこなせなかった。同様の結果は以前の研究で、麻薬常用者で確認されている。

関連ニュース

タグ
健康, 研究, びっくり, SNS, 科学, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント