23:26 2019年05月26日
中国人(アーカイブ写真)

中国で債務者発見アプリが完成

© Depositphotos / leungchopan
テック&サイエンス
短縮 URL
135

中国で「根っからの債務者マップ」が登場した。借金を返さない人物が近くにいると、利用者に居場所を知らせるアプリだ。

スプートニク日本

アプリが北部河北省で開発された。アプリは半径500メートル以内にいる債務者の名前と正確な位置情報を示す。写真は表示されない。アプリはメッセンジャーアプリ「WeChat」を通じて機能する。

開発チームは、このマップにより返済可能だがそれを望まない債務者を暴き出し、反省させることが可能だとする。アプリは政府が国民の振る舞いを数値化してランク付けするシステム、社会信用システムの一部だ。

現在、国内全土で法律違反や反社会的行為を監視するための顔認証システムの導入が進んでいる。悪いと定められている行為を行うたびにポイントが貯まる。ポイントが多いほど、信用ランキングが低くなる。ランクにとってサービスや交通手段、国外旅行、良い仕事へのアクセスの可否が左右される。

2020年からこのシステムへの登録は全国民に対し義務付けられる。

関連ニュース

タグ
びっくり, テクノ, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント