16:57 2019年02月23日
Глобальное потепление

地球の気候変動 不可逆的となるのはいつ?

© Flickr/ Cherrylynx
テック&サイエンス
短縮 URL
123

気候学者たちは、土壌がどれほどの温室効果ガスを吸収し、逆に作り出していることをはじめて正確に測定し、「取り返しがつかなくなる時期」がまもなく2060年に到来することを明らかにした。

スプートニク日本

英総合学術誌『ネイチャー』が、その論拠についての論文を掲載した。ニューヨークのコロンビア大学のピエール・ゲンティン教授は「今、土壌と海洋は人為的な産業廃棄物の約半分を吸収し、それが地球温暖化を遅らせている。これがどれくらい続くかはっきりしていない。それらの許容量に限界があるならば、しばらくすると飽和点に達し、その結果、地球温暖化が加速する」と説明している。

地球の気候を研究している研究者たちは多くが、現在、地球は温暖化に向かっており、気温上昇が1.5度程度に収まらなければ、根本的に地球環境が変わることは間違いないと考えている。このことは、何十もの気象衛星や何千もの気象観測所、海上に浮かべられた多数のブイ、そして数百を数える地球の気候に関するコンピューターモデルの測定結果によって裏付けられている。

関連ニュース

キラーウェーブを再現 北斎の神奈川沖浪裏とそっくりだった 研究結果【動画】

世界終末時計 核の脅威までわずか2分

タグ
地球温暖化, 自然, 研究, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント