13:34 2019年05月26日
アスピリン

定期的なアスピリン服用でがんの生存率が向上

CC BY-SA 2.5 / Ragesoss / Generic regular strength enteric coated 325mg aspirin tablets, distributed by Target Corporation
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

定期的なアスピリン服用はがんにおけるPIK3CA遺伝子変異が確認される患者の生存率を78%まで向上させる可能性がある。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者が研究結果を発表した。論文は学術誌「Journal of Experimental Medicine」に掲載された。

スプートニク日本

研究チームは非ステロイド性抗炎症薬(アスピリン)の使用とがんにおけるPIK3CA遺伝子変異が確認される患者の生存率の上昇の関連性を調べた。

研究では頭部と頸部がんを患う患者266人の5年間の生存率を調べた。悪性腫瘍は頭部や頸部では口や喉をはじめとする30箇所で発生し得る。75人の腫瘍ではPIK3CA遺伝子変異が確認された。

遺伝子変異が確認された患者で6ヶ月間定期的にアスピリンを服用していた場合、5年間の生存率が25〜78%に増加したと判明した。一方で、PIK3CA遺伝子変異がない患者の場合、こうした関連性は発見されなかった。

タグ
健康, 医学, ガン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント