23:52 2020年10月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (216)
0 65
でフォローする

ドイツのネットメディア「Jetzt」で公開された記事で記者のララ・ティード氏は、トイレットペーパーの不使用が環境に良い影響を与えると主張した。

スプートニク日本

ティード氏は、将来的に人類がトイレットペーパーを使わないようになり、瓶やホース、ビデによる水洗浄などの代替衛生案を用いるだろうという認識を示した。

ティード氏は、トイレットペーパーの大半が古紙ではなく特別に伐採された木を用いて製造されていると指摘。その上、木の輸送や製紙プロセス、紙の洗い流しには膨大な資源とエネルギーが費やされており、環境にダメージを与えていると主張する。

さらに、水による洗浄はアレルギーや肌荒れリスクを低減し、健康を保つ助けになるとティード氏は続けた。

関連ニュース

タイ 旅行者にビニール袋の使用を禁止

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (216)
タグ
自然, 環境
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント