09:21 2019年02月16日
女性マネキン

月周辺の放射線レベル、女性マネキンで測定へ【写真】

© 写真: ESA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

女性のマネキン人形2体が月周回飛行に向け、米宇宙船オリオンで打ち上げられる。これらのマネキンを使って、放射線レベルを測定することが目的。欧州宇宙機関(ESA)による発表で述べられている。

スプートニク日本

発表では、「これら2体の女性マネキン人形は今後、オリオン初の月周回ミッションの際、客席に座ることになる」と述べられている。

オリオンによる月の周回を伴う飛行は現在、2020年6月に予定されている。

女性マネキン
女性マネキン

発表で指摘されているところでは、女性の胴体を模したこれらのマネキン人形には「ヘルガ」と「ゾハル」という名前がつけられている。人形に利用されている素材は、各内臓器官の様々な密度を再現。さらに2体の人形には、放射線レベルを測定する合計5600個のセンサーが備えられている。

発表では、「我々が女性マネキン人形を選んだ理由は、女性宇宙飛行士の数が増加しつつあることのほかに、女性の身体が通常、放射線に対してより脆弱であるからだ」とする、ドイツ航空宇宙センター(DLR)のトマス・ベルガー主任研究員の言葉が引用されている。

タグ
宇宙飛行士, テクノ, 宇宙, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント