10:41 2019年11月15日
寝不足の人は痛みを感じやすくなる

寝不足の人は痛みを感じやすくなる

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

睡眠不足の人は高温と痛みへの感受性が強まる。米カリフォルニア大学バークレー校の神経科学チームはそうした研究結果を発表した。医学メディア「MedicalXpress」が報じた。

スプートニク日本

研究チームは研究室での実験とオンラインでの質問を行った。

実験には25人の被験者が参加し、研究室で二晩過ごした。被験者は1番の睡眠後に痛みのしきい値を計測した後、2グループに分かれた。第一グループは8時間睡眠で、第二グループは睡眠を取らなかった。

この間、研究者らは痛みのしきい値を測定するため、不快なレベルの熱を加えながら、脳の活動を記録した。その上で、被験者は不快感を10段階で評価し、7段階に達したときに報告した。 
わずかに夜の睡眠を削るだけでも、翌日の痛みの感覚に影響すると判明した。

実験室の結果はオンラインの質問の結果が正しいことを証明した。オンラインの調査では200人以上が回答し、朝と晩に痛みに関する質問に答えた。睡眠の質は翌日中の痛みに直接影響すると明らかになった。

関連ニュース

ロシアのアンチエイジング業界、日本のプラセンタ療法に注目:高まる美容と健康への関心

有名な抗生物質が寿命をのばし、アルツハイマー病を予防する=学者ら

タグ
研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント