10:09 2019年04月21日
学者らが地球の「気候カオス」を予言

学者らが地球の「気候カオス」を予言

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13

カナダのマギル大学の学者らが、北極と南極の氷が溶けることにより地球全体で極端な気象現象や予測不能な気温の低下が引き起こされることを明らかにした。調査結果は、サイトEurekAlert!に掲載された。

スプートニク日本

学者らによると、溶解する2つの氷床が2100年までに地球に影響を与え、平均気温は3~4度上昇し、その結果、グリーンランドと南極の氷床からとけ出した大量の水が世界の海洋に流れ込む。

氷床のシミュレーションは、2065年から2075年の間に最も急激な海面上昇が起こる可能性があることを示した。

とけた温かい水が、例えば大西洋北部などの海洋に流れ込むにつれ、メキシコ湾流のような主要な海流は著しく弱まり、これが北極、カナダ東部、中央アメリカの高地では気温の上昇を、北欧や西欧では気温の低下を引き起こすという。

学者らは、悲しい結果を回避するために、有害物質の環境への排出量を根本的に削減するよう呼びかけている。

関連ニュース

地球温暖化で海は色を変える=科学者

タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント