10:14 2019年04月21日
ベラルーシのベンチャー企業 スニーカー試着用ARアプリ発表

ベラルーシのベンチャー企業 スニーカー試着用ARアプリ発表【動画】

© Screenshot: WANNABY/YouTube
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0

ベラルーシの企業「ワナビー(Wannaby)」社は、ネットユーザーがスニーカーを仮想試着できるアプリ「ワナ・キックス(Wanna Kicks)」を発表した。米ウェブサイト「テッククランチ( TechCrunch)」が報じた。

スプートニク日本

スニーカーを試着するには、ユーザーはまずアプリを開き、カメラを足に向ける。サンプルの中から好みのモデルを選択すると、スニーカーの3Dモデルが画面に表示される仕組み

今、アプリ「ワナ・キックス」 が対応しているスニーカーモデルは、「アディダス・ウルトラ・ブースト(Adidas Ultra Boost)」や「バンズ・クラシックス・スリップオン(Vans Classic Slip-On)」、「イージー・ブースト350(Yeezy Boost 350)」などの10種類。現時点では、アプリはアップル社のオペレーティングシステムiOSでのみ利用可能だが、将来的にはアンドロイド用バージョンの開発とリリースが予定される。

ワナビー社のセルゲイ・アルハンゲリスクCEOは「サナ・キックス」について、「私たちの使命は、オンラインショッピングに対する心理的ハードルを克服することにある。スニーカー試着用AR(拡張現実)アプリは、さまざまなシューズが自分の足にどう合うかを示してくれる。これにより、売上が増加し、商品の返品率が低下する」と語っている。

アプリ「ワナ・キックス」は、ワナビー社による最初のARサービスではない。以前、同社はネイル用ワニスを試すために「ワナ・ネイルズ(Wanna Nails)」をリリースした。

関連ニュース

 

 

タグ
テクノ, ベラルーシ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント