08:23 2019年04月20日
マウス

中国 人間の脳のコマンド​で​操縦可能なラットを創出【動画】

© 写真 : Pixabay/Tiburi
テック&サイエンス
短縮 URL
111

中国​、​杭州市​の​浙江大学の研究者チーム​がラットに人間の脳から信号を送る​​実験に成功した。電極を埋め込まれた実験用ラットは、直接人間の脳から信号を受け、複雑な迷路に簡単に対処した。英科学誌『サイエンティフィック・レポーツ』にこの共同研究の実験報告が掲載された。

スプートニク日本

研究者チーム​は6匹の実験用ラットに無線信号によって作動する一対のミクロ電極を植え付けた。ラットは、2つの電極のコマンドを区別し、一方に反応して右に曲がり、もう一方では左に曲がるように教えられた。信号は人の脳から脳波計を通して送信された。

マウスは、階段とトンネルが設けられた複雑な迷路の中に置かれても、「人​に​​操縦されている」ため、​何度試されてもその度に​迅速かつ簡単に​作業をこなすことができた。

​研究者ら​は、このような技術​によって​​将来​、​完璧に​操縦​できる正真正銘の「サイボーグ」動物​を作り出すことができ、捜索や救助活動など​で活用が可能​と見なしている。

関連ニュース

マウスの足指の切断部、研究者らが一部再生

タグ
テクノ, 科学, 研究, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント