04:06 2019年02月22日
鹿(アーカイブ写真)

4匹に1匹の動物は人間が殺している

© REUTERS / Vasily Fedosenko
テック&サイエンス
短縮 URL
121

GPSビーコンを用いた鳥類や動物の観察は、うち4匹に1匹が人間の手により死んでいることを示している。これにより、自然全体の存続にとって人間が最も大きな脅威の1つになっている。こうした研究結果が学術誌「Global Ecology and Biogeography」に掲載された。

スプートニク日本

研究チームは「私たち(人類)は地上に生きる3万5千種もの脊椎動物の1つに過ぎないが、脊椎動物の死の4分の1ほどが私たちの割合に当たる」と指摘する。

研究チームは恒温動物と変温動物およそ300種を含む地上の生物12万匹ほどの生死のデータを集めた。

観察期間中、人間が関与したと評価される死亡件数は、12万匹のうち4万2千匹超。そのうち、約1万2千件の死は人間が直接関与していた。その半数以上は密猟など違法な狩りが原因だった。

観察期間中にGPSで追跡していた動物を殺害した人間のうちわずか17%のみが狩猟許可証を持っていた。事故、人為感染、その他の偶発的な死因はわずか5〜10%に留まった。

関連ニュース

気候変動レポート 地球は救える 迅速に行動すれば

地球温暖化で海は色を変える

タグ
地球温暖化, 動物, 自然
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント