01:18 2019年06月19日
拡張現実(AR)を使った新たなアプリ

ポケモンを捕まえるのに飽きた? レゴの新ARアプリで幽霊捕獲が間もなく可能に【動画】

© 写真: LEGO
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

玩具メーカーのレゴが2019年夏、拡張現実(AR)を使った新たなアプリをリリースする。メディアサイト「CNET」が伝えている。ユーザーは専用アプリを用いて、実際に組み立てたブロックの建物の中で幽霊を退治することができる。

スプートニク日本

リリースされるのは8セット。学校、バス、墓場、その他の建物が含まれており、幽霊が出現した架空の小さな町ニューベリーが共通の舞台。

ユーザーはスマホアプリを用いることで、それぞれパーカーとジャックという名前の登場人物2人のうちの1人となり、組み立てられた各施設を巡ることができる。

さらに、アプリを通して、町に現れた幽霊を捕まえることもできる。レゴでは、2つの現実を組み合わせることで、ブロックへの子供の関心を高めることができると期待している。

関連ニュース

ポケモンGO開発企業によるハリポタARゲーム、最初の予告編公開

レゴでできた機械がベーコンエッグをつくる【動画】

タグ
テクノ, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント