16:56 2019年03月23日
月(アーカイブ写真)

米写真家、画像5万枚からスーパームーンの「肖像」合成【写真】

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0

この2月、2019年で最も大きな満月を観察することができた。今回のいわゆる「スーパームーン」の際、月と地球を隔てていた距離は僅か35万6700キロ。月は普段よりもさらに、一段と明るい光を放っていた。天体写真家のアンドリュー・マッカーシー氏は、このスーパームーンの超高解像度画像を制作することにした。

スプートニク日本

マッカーシー氏は、81メガピクセルという超高解像度のスーパームーン画像を公開。この画素数は非常に多い!例えば、光沢紙を使った雑誌の誌面に掲載されている写真は、およそ20メガピクセル。超高解像度画像を手に入れるため、マッカーシー氏は約5万カットの画像を撮影し、その後これらの画像を写真編集ソフトで合成した。

関連ニュース

タグ
びっくり, すごい, エンタメ, 宇宙, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント