16:38 2019年03月23日
アマゾン

アマゾン 2030年までに​炭素使用量50%削減計画を発表

© AFP 2018 / Emmanuel Dunand
テック&サイエンス
短縮 URL
0 42

米国のアマゾンは、完全に再生可能エネルギーへ切り替える計画を発表した。​​世界でもっとも影響力のある企業​の​1つの​アマゾン社は、2030年までに自社配送での50%の​炭素削減​を約束した​。

スプートニク日本

アマゾンは​自社の​​炭素削減​について、壊滅的な気候変動を防ぐため、人類の化石燃料への依存を減ら​そうという取り組みだと説明している。同社の環境保全への貢献は​これが​初めてではない。

アマゾンの経営陣は、環境に優しい包装紙や再利用できる容器の開発、太陽光と風力エネルギーの発電所の建設など、多くの​事業​に取り組んでおり、そのために、自社オフィス屋上へのソーラーパネル設置や資源復興をベースとした経済成長への多額の投資などを行なっている。

商品配達時​に​化石燃料​を使わないようにするため、アマゾンは、電気自動車と航空バイオ燃料、再利用可能な包装と再生可能エネルギーの使用を計画している。同社の試算によると、2030年までに、全配送の50%が​炭素を使用せずに行われる。

関連ニュース

グーグル、再生可能エネルギー100%達成に成功

空飛ぶ風力発電機を備えた世界初の発電所、ノルウェーで建設へ【写真・動画】

タグ
環境, 地球温暖化, Amazon
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント