08:49 2019年03月23日
ロボット

経済の専門家らが、ロボットへの課税を提案

© AP Photo / Luca Bruno
テック&サイエンス
短縮 URL
0 22

米国の億万長者ビル・ゲイツ氏は2017年、ロボットに課税することを提案した。だが当時ゲイツ氏の案は却下された。しかし今、経済の専門家らはゲイツ氏のこの案を再び検討しているという。ニューヨーク・タイムズが報じた。

スプートニク日本

マッキンゼー・グローバル・インスティテュート(MGI)によると、米国では2055年までに労働人口の半分がロボットに置き換わる可能性がある。

大勢の人が失業や国の税収減、また国が失業者を再教育するための訓練費用を負担したり、社会保障給付費が増すことで国の財政が圧迫されることを懸念している。

しかし、ロボットに課税することで、この状況を改善できる可能性がある。

韓国ではすでにロボット課税に関するテストが行われている。韓国は2018年から、労働者をロボットに置き換えている企業への税制上の特典提供を取りやめた。なぜならこうして企業は解雇者たちの給料や関連する税金を節約しているからだ。

経済の専門家らによると、ロボットへの課税は政府や市民だけでなく、自動化に投資して減税を行わなければならない企業にも利益をもたらす。なぜならロボットは、すべての分野で常に人間よりもうまく仕事をこなすわけではないものの、実際に生産性を高めるからだ。

関連ニュース

ロボット博物館、ロボット自身が建設へ 韓国【写真】

タグ
テクノ, ロボット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント