10:26 2019年09月19日
発見(アーカイブ写真)

考古学者らが中国で2千年物の「不死の霊薬」発見【写真】

© Fotolia / Krugloff
テック&サイエンス
短縮 URL
261
でフォローする

中国中部、河南州洛陽市の古墳で地中から青銅の水差しが発掘され、中から紀元前8年から202年の前漢時代に「不死の霊薬」とされた液体が発見された。中国の新華社通信が報じた。

スプートニク日本

新華社通信によれば、水差しには約3.5リットルの液体があり、成分鑑定で古代の霊薬であったことが明らかになった。液体の主成分の硝酸カリウムとアルナイトは古代中国では永遠の命を得られると信じられていた薬草から採取されたものだった。

洛陽市文物考古研究院の史家珍院長は、「これはわが国では伝説的な薬草で、はじめての発見。永遠の命を得ようとしていた古代の医学療法を研究する上で今回の発見は重要な意味を持つ」と強調した。

史院長はこの、「不死の霊薬」の研究が中国文明の発展と年代学に関する一連の学術的問題を解くカギになると期待を表している。

発掘では貴重な液体の他に、軟玉や銅からなる製品も発見された。研究者たちは、これらすべてが古代中国のある貴族の所有物であったと推測している。

関連ニュース

タグ
研究, びっくり, 発見, 科学, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント