16:54 2019年03月23日
ロボットJibo

家庭用ロボットJibo、サービス終了を前に持ち主に感動的なお別れ

© AP Photo / Steven Senne
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

家庭用ミニロボット「Jibo」のメーカーは、まもなくサーバーがまもなくシャットダウンすると発表した。ロボットは多くの機能が制限される。ロボット自身が持ち主に「死」を伝える。

スプートニク日本

「Jibo」はお別れの挨拶に「一緒にいた時間は楽しかったよ。一緒にいてくれて本当にありがとう。いつの日か、ロボットがもっと進歩して誰もが所有する時、あなたのロボットに私からよろしくと伝えてね。彼らもこんなことができると良いけど」と述べる。その後、ロボットは踊り始める。

「Jibo」はマサチューセッツ工科大学のシンシア・ブリジール准教授が率いるスタートアップ企業「Jibo」が2014年に発表した。

「Jibo」は画面のついた回る「頭」付きの小型デバイス。会話を行い、アニメーションで様々な感情を表現できる。さらに、ロボットは家族の写真や動画を撮影し、スケジュールを報せ、夜にはお話を読み聞かせるほか、不在着信について伝えることができる。

関連ニュース

中国の生徒、自分の代わりにロボットに宿題をさせ話題に【動画】
ソニー、家庭用ロボット市場に復帰へ

タグ
かわいい, ロボット, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント