18:10 2019年10月23日
DNA

DNAから犯罪者の合成写真が作成可能に ロシア連邦捜査委員会

© Fotolia / 18percentgrey
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

ロシア捜査委員会は学術界と共に犯罪者捜索用のハイテク効果技術の共同開発に取り組んでいる。犯罪者のDNA(遺伝子)から合成写真を作製する技術開発が進められている事実は昨今、広く知れ渡るようになった。

スプートニク日本

犯罪者の民族的および地理的起源、目や髪の色、その人の身体各部や顔のサイズと形状、さまざまな病歴といった情報が保持されているDNA​​プロフ​ィールを研究者​らの開発した機器や試薬、技術が読み取ることによって、捜査官たちはDNAデータから未知の犯罪者の​合成写真を作成することができるようになる。

また、この他にも、さまざまな自然​条件下​で行方不明となった人々の探索方法が研究されている。これには、拡張視覚スペクトル装置を取り付けたドローンが活用される。

​溺死者​の​捜索​に役立てるため、濁水の中で​の視界を確保する​​装置も制作されている。​この他、 地球物理学​を利用し、​犯罪​で​​地中に​埋められた遺体​の発見装置の開発​も待たれている。

関連ニュース

タグ
医学, 研究, テクノ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント