07:03 2019年05月23日
アルツハイマー予防に役立つ身近な食品が明らかに

アルツハイマー予防に役立つ身近な食品が明らかに

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (47)
0 111

遺伝的に認知症体質のラットを使った実験で、アルツハイマー型認知症の進行を止める化合物が緑茶と人参に含まれていることが明らかになった。これらの化合物はラットの記憶回復に功を奏した。

スプートニク日本

メディカルエクスプレスによれば、 病気の現れを待つことなく、食事を変えることによって認知症の発症を予防することに焦点があてられた。その際、研究者が着目したのは緑茶に含まれる没食子酸エピガロカテキンと人参に含まれるフェルラ酸の2つの化合物だった。

ラットを使った実験では緑茶と人参の抽出成分の混合物はラットの脳に強力な効果を示した。成分を与える3か月前と与えた後、ラットに対して一連の神経心理学的テストが実施された。こうしたテストによって人間の認知症の診断が行われている。

3か月後、複合的な治療の結果、アルツハイマーを病んでいたラットのワーキングメモリは完全に回復し、健常なラットと同じように機能するようになった。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

関連ニュース

トピック
幸せに長生きしてください-長寿に関するスプートニクの記事 (47)
タグ
食事, ダイエット, 健康, 食べ物, 食料, 食生活
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント