18:12 2019年11月19日
女性(アーカイブ)

うつ病や不安が根源に たくさんの病気をもたらし「ダメージ」を与える

© Depositphotos / Mr.Siriwat Nakha
テック&サイエンス
短縮 URL
60
でフォローする

米カリフォルニア大学の科学者らによると、うつ病や不安は他の危険な病気の発症を引き起こす恐れがある。身体への悪影響の程度によって、この障害は肥満や喫煙に匹敵する。こうした結論は、1万5418人の高齢ボランティアを対象に実施された観察から引き出された。

スプートニク日本

観察では、彼らのうつ病や不安の重症度を評価し、 有害な習慣や肥満の兆候を調べた。また、 すべての医学的診断と身体の異常も調査した。その結果、16% の人々が高レベルの不安とうつ病を患っており、31%が肥満、 また14%のボランティアが喫煙していることが分かった。 高レベルの不安やうつ病を患う人々では、 心疾患の発症リスクは65%、脳梗塞のリスクは64%、 高血圧50%、関節炎87%に増加した。

肥満の人や喫煙者でも同じようなリスクの増加が見受けられたが、 うつ病が関節炎発症リスクのもっとも大きな要因となっていること が判明した。また、うつ病や不安は、頭痛、消化不良、腰痛、 息切れを頻繁に発生させるが、ガン発症のリスクには影響を及ぼさ ない。

タグ
健康, 研究