19:17 2019年05月25日
フェイスブック

英国政府 「フェイスブックはデジタルギャングスター」

© Sputnik / Natalia Seliverstova
テック&サイエンス
短縮 URL
1101

英国議会は18ヶ月間にわたり、フェイスブックの活動について、大規模な調査を行ってきた結果、ユーザーの個人データを取引や、デジタルサービス市場における違法な競争妨害という点で、フェイスブックの活動は民主主義の重要な原則に違反すると結論付けた。

スプートニク日本

英国の議員たちは、フェイスブックの内部文書が議会のウェブサイトに公表された後に告訴を行なった。

保守党のダミアン・コリンズ議員は 英紙「テレグラフ」からのインタビューに「民主主義は、ユーザーに対する絶え間ない悪意に満ちた偽情報の押し付けや、私たちが毎日利用する主なSNSを経由する発信元不明の『ダーク広告』によって、脅威に晒されている」と警告を発した。

英国の議員らはユーザーの活動規模や包括範囲に関して、現代の巨大技術企業は国家と同程度の力を持ち、法律と刑罰システムといった厳しい規制が必要だと断言している。

108ページにもおよぶ議会報告書では、「フェイスブックのような企業が自らを法を超越したとして、オンライン世界の『デジタルギャングスター』のように振る舞うことは許されない」と指摘されている。

関連ニュース

FBに記録的金額の制裁金か 個人情報流出で

タグ
テクノ, facebook
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント