00:35 2019年10月17日
VR

ユーチューバー、仮想現実の世界で一週間すごす:果たしてその結果は?

© Flickr/ Sergey Galyonkin
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

ユーチューバーのジャック・ウィルモットさんは、自身のチャンネル「Distrupt」にユニークな実験動画を投稿した。彼はバーチャル・リアリティ(VR)を体感するヘッドセットを装着したまま一週間をすごしてみたのだ。アクション・ゲームのスカイリム(Skyrim)で遊んだり、VR上で大人数とコミュニケーションが取れるVR チャットで交流を楽しみ、世界中のあらゆる場所へ出かけることが可能なグーグル・アース VRを試してみるなどした。

スプートニク日本

ウィルモットさんはこの実験で、自分が現実世界とのつながりをいかに早く失ってしまうのか確かめようとした。彼は、バーチャル・リアリティは、人間が望むものすべてを見せることができるため、仮想現実の世界はもうすぐそこの未来にあるとの結論を出した(しかしこの課題は他のプラットフォームで未だ実現されていない)。

一週間にわたる実験を終えたとき、ウィルモットさんは見えるものすべてに驚いた。彼の目はデジタル画像に慣れてしまったため、現実世界はより色鮮やかに感じられた。また新鮮な空気を味わえたことが彼には嬉しかった。

一方、歓迎すべきでない瞬間が訪れなかったわけではなかった。仮想現実はウィルモットさんと現実世界の関係を変えてしまった。彼には道行く人がゲームのプレイヤーのように見え、また日常生活における色々な活動は、達成すれば報酬がもらえるゲームの課題のように感じられた。

関連ニュース

米スタートアップ、優しい『マトリックス』構築に意欲

なぜSNSで自分の行動を一つひとつ知らせることに意味がないのか 心理学者が説明

タグ
インターネット, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント