18:19 2019年06月27日
電話中

なぜ私たちは電話中に歩いてしまうのだろうか?

© Depositphotos / DragonImages
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0

「あなたはどうして電話をするときに無意識に歩きだしてしまうのか、自分では説明できないでしょう。でも、確かに歩いていますよね。それはあなただけではありません。通話相手が誰であっても、多くの人にとって、耳に電話を押し付けながら同じ場所にとどまり、何かの動作を始めない、ということは難しいのです」と仏日刊紙フィガロのメロディ・カスタン記者は書いている。

スプートニク日本

記事の中では、私たちのうちの多くにとって、通話中に客間や野外を歩く行為は、より会話に集中して考えをまとめるのを促す、と述べられている。

カスタン氏は、通話中に絶え間なく歩くのは、通話相手や会話のテーマに関係する、あふれ出る感情から逃れることができるからだ、と続ける。また、仏リール大学の心理学教授マリオン・ルヤ氏は記事の中で、「感情的な文脈が重要な場面であればあるほど、我々はより体を動かすでしょう」と述べている。

また記事中では、人々は電話で話すときも、個別に会っているときのように振舞おうとすると述べている。何かについて話し合っている二人の人物の体の位置や動作を分析すれば、お互いが無意識に同じポースやジェスチャーをしていることがわかる。

これより前に、体を動かすことが鬱の予防に役立つ、と研究者によって明らかにされている。

関連ニュース

タグ
研究, 科学研究, おもしろい
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント