07:19 2019年06月19日

中国で史上初・クローン警察犬の訓練が始まる【動画】

© 写真: YouTube/ New China TV
テック&サイエンス
短縮 URL
0 02

5日、生後二か月の昆明犬(クンミング・ウルフドッグ)クンフンは、中国雲南省の警察犬訓練施設に迎えられた。クンフンは世界初のクローン警察犬だ。中国の科学技術紙「科技日報」が報じた。

スプートニク日本

クンフンは、七歳の雌の警察犬、フアフアンマのクローンだ。フアフアンマは多数の殺人事件の捜査に参加し、その並外れた才能で犯人の検挙に貢献した。フアフアンマのような優秀な警察犬を育成しようとすると、訓練には4~5年が必要で、費用も約50万元(約828万円)かかるため、クローン技術によって優秀な警察犬を人工的に作るアイデアが浮かんだ。

中華人民共和国公安部が主導する優秀な警察犬クローン・プログラムに基づき、フアフアンマの皮膚細胞に由来するクローン胚が作られた。胚は代理母のビーグル犬に移植され、クンフンは帝王切開で誕生した。誕生時の重さは540グラム、身長は23センチ。鑑定結果によるとクンフンのDNAは、フアフアンマのそれと99.9パーセント一致している。

クンフンは訓練士によくなつき、持ち前の鋭い嗅覚を捜索訓練で発揮し、見知らぬ環境にもすばやく適応している。10か月間の訓練ののちクンフンは初出勤する。

中国のクローン警察犬は実験段階であるが、すでに優秀な警察犬から生成したクローン細胞バンクが創設されている。これらのクローン胚はすぐに繁殖できるよう、50年間の保存が可能だ。

関連ニュース

子猫のクローニング開始を予定 中国で2019年から

タグ
動物, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント