08:43 2020年07月08日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

米航空宇宙局(NASA)とマサチューセッツ工科大(MIT)のエンジニアが、飛行の各段階で効率の良い形状になるよう変形可能な飛行機の翼を開発している。

スプートニク日本

MITが発表したプレスリリースによると、翼は空力負荷条件に応じて自動的に形状を変える。これにより、機体は離陸、巡航、操縦、離陸など各段階で効率の高い最適な形状の翼を得られる。

現在のバージョンは手作業で組み立てられている。だが自立型組み立てロボットが組み立てられるよう翼は設計されており、製造面は今後の課題だ。ロシアメディア「life.ru」はこの翼が軍事転用可能だと見ており、実用化されれば、空軍に配備されている複数の軍用機を1機で置き換えられるだろうと伝えている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント