06:57 2020年05月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (205)
122
でフォローする

世界経済フォーラムの専門家らは、近い将来に温室効果ガスの排出量が削減されることに期待していない。2014〜2016年の安定の後、2017年から排出量は再び増加し始め、2018年には記録的なレベルに達したからだ。この傾向を打破し、気候変動を止めることは、以前よりも困難になると専門家は結論付けている。

スプートニク日本

最たる問題は、化石燃料に対する需要の高まり。しかも石油やガス、石炭に対する世界の需要の70%は、米国とインド、中国が占める。

さらに、気候にとってもっとも危険な石炭の消費量は、昨年、特にインドと中国で5%増加している。米国では、石炭の消費量は減少しているが、それはガスと石油の消費量の増加によって相殺されている。

世界経済フォーラムの報告書では、太陽エネルギー、風力エネルギーなど再生可能エネルギー源の使用量がそれぞれ30%。12%とこの1年で増加したと指摘された。

こうした化石燃料の需要の積極的な高まりは、クリーンエネルギーの影響を無に帰している。

関連ニュース

汚い空気は煙草より恐い 大気汚染による死者数が喫煙を凌駕

アマゾン 2030年までに​炭素使用量50%削減計画を発表

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (205)
タグ
地球温暖化, 環境, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント