14:57 2019年06月17日
顕微鏡

火星で生き残​りが可能なバクテリア​ ​​ロシアの研究者​が​初めて​​採取に成功

© Fotolia / Photokanok_1984
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

西シベリアのトムスク市の微生物学者たちは、光と酸素が完全に欠如した地下深部の水域で生息し繁殖する生きたバクテリア​の採取に​世界で初めて​成功し、研究を行った。このバクテリアの生息環境は火星に非常に近い。出版グループ「ネイチャー」の『ISME』が報じた。

スプートニク日本

これまで​学界で採取されていたのは​、ラテン語で「勇敢な旅行者」を意味する「Desulforudis​ ​ audaxviator」という細菌のDNAの断片​のみ​。​それを​トムスクの研究者たちは、西シベリアの石油鉱山の奥底から採取した水中に生きたバクテリアを初めて発見した。

このバクテリアは、地下の微生物にとって有害​とされる酸素によっても死な​ず、実質的な雑食性であることも分かった。実験では、このバクテリアが砂糖やアルコール、その他さまざまなものを「食する」ことが確認された。

しかし、地下の生活でもそうだったように、バクテリアは、とりわけ水素を食することでエネルギーを得ていた。以前予想されたように、研究者たちは、バクテリアが非常に活発であり、千年に一度ではなく28時間ごとに分裂することを発見した。

興味深いことに、シベリアで見つかったバクテリアのゲノムは、南アフリカの地下水に生息するバクテリアのDNAと同一であることが判明した。今後、研究者たちは「勇敢な旅行者」がどのようにしてさまざまな大陸に広がり、地球上の他のすべての微生物​と同様、このバクテリアが突然変異をしない理由​を探る​。

関連ニュース

地球の地下に驚くべき量のバクテリアと古細菌の「大海」が その存在が明らかに

タグ
宇宙, 動物, 科学, 火星
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント