02:13 2019年08月23日

高齢者の脳、正しく刺激すれば20代レベルにまで若返らせることが可能

© Fotolia / Рpeshkova
テック&サイエンス
短縮 URL
142

加齢によって記憶力が低下した高齢者の脳に電気的な刺激を与えたところ、20代の若者と同じ程度にまで記憶力が一時的に回復したとする研究結果が、英科学誌ネイチャー・ニューロサイエンスに8日付で掲載された。

スプートニク日本

今回の研究結果について述べた論文は、米ボストン大学のロバート・ラインハート助教授とジョン・グエン氏が執筆したもので、短時間情報を保持する「作業記憶(ワーキングメモリ)」が対象になっている。

研究では、60~76歳の高齢者42人と、対照群の20~29歳の若者42人に対し、2枚の画像を連続して見せ、画像間で異なる部分を答えさせるという実験を実施。電気的刺激を与えなかった場合と、与えた場合の間で記憶力がどう変化するかを調べた。両グループとも刺激を与えなかった場合には、若者のほうが高齢者よりも正解率が高かった。その後、高齢者に電気的刺激を与えて再度実験を行ったところ、高齢者の正解率は若者と同じレベルにまで向上し、記憶力の改善効果は約1時間持続した。

一方、今回の研究成果の実用化に向けては、さらに実験を行って結果を確認する必要があるとの意見もある。

関連ニュース

タグ
医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント