20:16 2019年04月21日
医者(アーカイブ写真)

中国 慢性的なストレスと乳がんの進行に相関関係

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

がん患者には否定的な感情、不安や絶望、恐怖に似た経験がみられることが多い。まさにこれががんの転移と進行というリスクの要因となっているとする記事を新華社通信が報じた。

スプートニク日本

大連医科大学の研究によって、慢性的なストレスがアドレナリンの レベルを引き上げ、それによって引き起こされる乳酸脱水素酵素の 影響の拡大ががん細胞を増大させることを発見した。こうした慢性 的なストレスによる否定的な影響から回復させる力を持つのがビタ ミンC。

ビタミンCは、 乳酸脱水素酵素の活動を抑制することが証明されている。実験によ り、体内の実際の経過プロセスにおいて精神的な状態が反映される ことがわかっていることから、専門家らは治療結果を高めるために 、心理学者たちの援助を受けるようがん患者たちに勧めている。 乳がんに関して得られた所見は、 卵巣がんや胃がんを含めて焦眉な課題となっている。

関連ニュース

 

タグ
研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント