11:37 2019年07月22日
生きた心臓を3Dプリント イスラエルで世界初の成果

生きた心臓を3Dプリント イスラエルで世界初の成果【動画】

© REUTERS / Amir Cohen
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41

イスラエルのテルアビブ大学の研究者らは、世界で初めて3Dプリンターでヒト組織から心臓を作成した。大学が発表した。

スプートニク日本

実験では数十個の心臓が作られた。心臓は機能を確かめるため、動物に移植する計画だ。

心臓のサイズはおよそ2センチ半で、うさぎの心臓程度の大きさ。1つあたりの作成時間は3時間半ほど。

研究チームは未来の医療への突破口が開かれたとして、将来には移植する臓器の提供を待ったり、拒絶反応を防ぐため薬を服用する必要がなくなるだろうと述べた。

チームは、次の10年でヒト組織や細胞から各患者に適した移植用の臓器を作れるようになるだろうと期待を寄せた。

関連ニュース

ロシア製バイオプリンター 生細胞を用いた器官の3Dプリントを史上初めて宇宙空間で実施【写真】

タグ
医学, 健康, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント