10:08 2019年07月16日
宇宙利用向け空気注入式ロボットの開発、NASAが助成

宇宙利用向け空気注入式ロボットの開発、NASAが助成【動画】

© 写真: Brigham Young University
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

布とゴムでできた空気注入式ロボットは、宇宙開発にうってつけだ。軽量で、空気を抜けばコンパクトになり、長持ちする上に安全で、価格も安く、人間に害をもたらす可能性が基本的にないからだ。米航空宇宙局(NASA)では、金属製のロボットに代わる素晴らしい代替物をこのようなロボットに見出している。IEEEスペクトラム誌が15日に伝えた。

スプートニク日本

米ブリガム・ヤング大学はNASAから助成を受け、「キング・ルイ」という名の空気注入式ロボットを開発した。キング・ルイは、その体を満たす数多くの空気室を利用して動く。空気圧縮機を用いることでこれらの空気室が膨らんだり縮んだりして、人体の筋肉と同じような働きをするのだ。キング・ルイには2本の腕があり、これらの腕は単に上下左右に動くのではなく、全く信じられないような角度に曲げることもできる。一方で、空気注入式ロボットは腕のパワー面で金属製ロボットに引けを取らない。

空気注入式ロボットについては、金属製ロボットに代わる軽量で経済的な代替物となるだけでなく、危機的状況において宇宙飛行士用の酸素供給源になることも予想されている。

関連ニュース

タグ
テクノ, NASA, 宇宙, ロボット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント