19:25 2019年05月25日
犬(アーカイブ写真)

犬は飼い主の健康に良い

CC0 / Pixabay/suetot
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

英国で犬を飼っている人を調査したところ、「人の最良の友」である犬の存在は、飼い主により活発なライフスタイルを行わせるという普及した見解の正しさを確認した。これにより飼い主は心血管疾患や肥満を予防できると見られる。研究結果が学術誌「Scientific Reports」に掲載された。

スプートニク日本

「私達のデータは、市当局は飼い主が外でより多くの次官を過ごすよう促進するような、犬と快適に散歩できる環境を作るべきだと示している」 

研究結果によると、犬の存在は、飼い主により活発なライフスタイルを行わせる。平均で、飼い主は散歩やその他の用事で毎週少なくとも4時間は外で過ごしていた。 

比較すると、英医療当局は、およそ週2時間を散歩に費やすよう推奨している。だがこれは、犬を飼っていない人の多くが満たせていない基準だ。

記事はお気に召したでしょうか。動物たちの世界から届いたニュースがさらにたくさん見つかるスプートニクの特集にぜひお立ち寄りください!

タグ
健康, 養生, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント