11:51 2019年10月15日
アナク・クラカタウ山

地球史上最大の災害の真の原因が明らかに

© Fotolia / Byelikova Oksana
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

米シンシナティ大学と中国地質大学の研究チームが、地球史上最大規模の絶滅は火山の噴火が原因だったと突き止めた。科学ニュースサイト「Phys.org」でプレスリリースが掲載された。

スプートニク日本

チームは2億5200万年前の全世界の地質記録で、水銀の痕跡を見つけた。雨とともに、水銀は海洋に降り注いだ。まさにこの時期に、大量絶滅が起きた。 

マグマは千年にわたり、地球の裂け目を通って表面に流れていた。大気中には300万立方キロメートルの火山灰が放出され、平均気温は摂氏10度上昇した。 

結果、酸素含有量が極めて低い死のエリアが急増。海洋生物の96%、陸上生物の73%、昆虫の83%が消滅した。研究者が算出するところ、生物多様性の減少は6万年にわたって続いた。

関連ニュース

人類史上最悪の年 ハーバード大研究者が選ぶ

タグ
研究, 自然, 災害
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント