03:17 2019年07月22日
Pig

死後4時間が経過の豚の脳 機能の部分的回復に成功

© Sputnik / Alexey Danichev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01

脳死とは、酸素供給が途絶えた数分後、脳が死に至る状態を指す。ところが、これが実は誤りであったことが米国イェール大学の研究者らによって実験的に証明された。科学誌『ネイチャー』が報じた。

スプートニク日本

研究者たちは、実験目的に死後4時間が経過した32匹の豚の脳を採取。脳は、特殊なタンパク質溶液を用いて脈動血流をシミュレートした特別な実験室に入れられ、この脈動血流を通じて脳に酸素が送られ続けた。

実験は6時間継続された。はじめ脳細胞の死滅の速度が低下し、その後、細胞機能が部分的に回復し始めた。そして、 脳は外部の刺激に反応をはじめ、死亡後10時間後には、生理学的プロセスを行える機能がある。

ただし研究者らは、一度死亡した生物の脳は活性化されても意識や 思考活動が回復することはない点は認めている。一方でイェール大 学の開発したシステムは、医師たちに動力学にもとづく脳機能の研究の道を開くことから、これが新薬の開発の一助となりうると期待されている。

関連ニュース

生きた心臓を3Dプリント イスラエルで世界初の成果【動画】

タグ
動物, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント