04:42 2019年11月20日

アメリカ大陸で最古のヒトの足跡を発見

© 写真: Douglas Scortegagna
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20
でフォローする

チリの研究チームが、アメリカ大陸で最古のヒトの足跡を発見した。およそ1万5600年前の足跡だという。テレビ局「テレスール」が報じた。

スプートニク日本

アウストラル・デ・チリ大学が数年間の調査を経て足跡を発見した。

足跡は3メートルの深さで発見。足の長さは23センチメートル。研究チームによると、泥や他の柔らかい表面をヒトが歩いた時に出来た可能性がある。

アウストラル・デ・チリ大学古生物学科に所属する論文の筆頭著者であるカレン・モレノ氏は「南米大陸で少しずつ、ヒトの存在の痕跡が現れ始めている。だがこれは、(南北)アメリカ大陸全土で最も古い痕跡だ」と指摘した。

ニュースサイト「Republica」によると、足跡は259万年前に始まり1万1千年前に終わる更新世後期のもの。

関連ニュース

新亜種の古代人か 発見の骨に新しい進化の傾向【写真】

太古に生きていた未知の人類、化石がフィリピンで発見【写真】

タグ
科学, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント