16:27 2019年12月14日
東大

ブタ体内でヒトの膵臓作成 東大、年度内にも実験

© CC BY-SA 4.0 / Yasuda Auditorium - Tokyo University 3
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

日本の複数のメディアによると、東京大学の中内啓光・特任教授が28日までに、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用してブタの体内でヒトの膵臓を作成する研究を実施する方針を明らかにした。学内と国それぞれの委員会による審査で認められた場合、2019年度中にも実験に着手する。

スプートニク日本

今回の研究は、将来における移植医療での使用を目的とするもので、ヒトの臓器を持つ動物をつくる実験は国内初となる。

ヒトの臓器を持つブタは、動物の受精卵(胚)にヒトの細胞が混じった「動物性集合胚」からつくる。こうした胚を子宮に戻して動物を誕生させることについては文部科学省が禁止していたものの、3月に指針が改定され、現在は研究が解禁されている。

関連ニュース

タグ
すごい, テクノ, 医学, 東京, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント