00:46 2019年10月17日
ロシア最新技術 植物と人間との交流をたまごっちの原則で可能に

ロシア最新技術 植物と人間との交流をたまごっちの原則で可能に

© Depositphotos / Ipopba
テック&サイエンス
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (167)
0 40
でフォローする


ロシアのチュメニ国立大学の学生たちは、人間と植物が常時交流できるシステムを開発中だ。学生らがターゲットとするのは、子どもに自然を愛し、大事にする心 育んでほしいと願う親たち。

スプートニク日本

システムは、携帯電話にダウンロードができるゲーム用のモバイルアプリと植物の状況を管理できるデバイスからなる。モバイルアプリのサーバーは、管理デバイスから情報を収集し、画面上にそれらを表示する。例えば植物は、そろそろ水やりの時間ですよと、そのタイミングを持ち主に思い出させることができる。もし持ち主が外出していても、管理デバイスはインターネットを通じて彼の携帯電話に連絡する。

開発に取り組む学生たちは、各植物にQRコードの配置を計画している。このQRコードを読み込ませると、付番された植物の必要な情報がモバイルアプリに表示される。植物は、シナリオライターによって事前に用意された、自分についての興味深い出来事などの情報を、毎日持ち主に送信する。

植物とは話を交わすこともできる。会話にはパターン化された答え を選択すればよい。チュメニ大学のこの開発は、デジタル技術にどっぷり漬かった生活の人、時間がないために情感に満ちた交流が奪われている人にとりわけ役立つかもしれない。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (167)
タグ
自然, テクノ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント