23:21 2019年05月23日
福島第1原発(アーカイブ写真)

ロシア原子力企業、福島第一原発の放射性粉塵の収集システムを開発へ

© AFP 2019 / JIJI PRESS
テック&サイエンス
短縮 URL
0 150

ロシア国営原子力企業ロスアトム傘下の「テクスナブエクスポルト」は、福島第一原発から核燃料を取り出す際に発生する危険な粉塵を収集するシステムを開発すると発表した。

スプートニク日本

このシステムは廃炉作業の安全性を保証する助けになるという。プロジェクトは日本政府の資金援助を受ける。

2年にわたり、ロスアトムは作業員が核燃料の一部を発見、回収、撤去する際に直面する放射性粒子の性質研究を目的に一連の実験を行っている。

関連記事

タグ
露日関係, ロシア, 原発, 福島
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント